資産運用・仮想通貨

あおぞら銀行はやめた方がいい?口コミ・評判まとめ

「金利が低くて銀行に預けたくないなぁ〜」

今や銀行は超低金利時代
年0.001%などは当たり前のようにあります。

1974年には年3.0%あった普通預金の金利。
1年間銀行に100万円を預けたら、金利で3万円が増えるような時代でした。
今はその当時の3000分の1。
1年間銀行に100万円を預けても30円しか増えません。

でもタンス預金や投資は怖くて銀行に預けておきたい。
そんな方におすすめなのが「あおぞら銀行」です。
この超低金利時代に普通預金の金利が最大「0.2%」

それではここから詳しく見ていきましょう!

なお、本記事は2022年11月7日現在のものです。
変更されることもありますので、ご利用前には必ず公式HPでご確認ください。

あおぞら銀行の基本情報


あおぞら銀行は1957年に前身となる日本不動産銀行として設立。
2001年に現在のあおぞら銀行となり、2006年に東証一部に再上場しました。

あおぞら銀行を使うとこんなメリットがあります。

①普通預金金利0.2%の高金利
②定期預金金利0.25%の高金利
③ゆうちょATMなら入出金手数料0円
④他行宛振り込み手数料0円
⑤スマホで管理できる
⑥VISAデビット使用で現金が還ってくる

①普通預金金利0.2%の高金利

メガバンクでは、年0.001%が当たり前の超低金利時代。
その200倍にあたる0.2%の高金利を実現しています。
しかも定期預金ではなく、最もポピュラーな普通預金での金利です。

なお、税引後の金利は年0.159%です。
100万円を1年間預けると、1590円増える計算になります。

②定期預金金利0.25%の高金利

あおぞら銀行は、2022年8月1日に定期預金の金利を引き上げました。
半年預ける定期預金では年0.2%5年預ける定期預金では年0.25%の高金利となりました。

なお、税引き後は半年で0.159%、5年で0.2%となります。

③ゆうちょATMなら入出金手数料0円

あおぞら銀行は日本全国に19店舗しかありません。
そのため、各種ATMを使っての入出金が前提となります。

その中でも、全国のゆうちょ銀行ATMを使っての入出金は、手数料が0円です。
また、利用回数に上限がありません。

日常的に使う銀行としても有能ということですね。

④他行宛振り込み手数料0円

他行宛の振り込み手数料は、月1回無料です。
また、

✔️預金残高
✔️VISAデビットの利用回数
✔️あおぞら銀行の投資信託残高

などの条件によって、最大で月3回まで無料になります。
細かい条件はこちらからご覧ください。

⑤スマホで管理できる

あおぞら銀行は、実店舗もありますが、主にインターネットバンクとして利用されています。
そのためスマホの無料アプリで下記の利用ができます。

✔️残高照会
✔️積立設定
✔️VISAデビット利用明細
✔️キャッシュバック金額照会
✔️Touch IDやFace IDでのセキュリティ

ちなみに、App Storeの評価は【2.5/5】と低め
いくつかレビューをご紹介します。

いつの間にか使いやすくなっていた(★★★★★)

スクリーンショット 2022-11-07 5.35.30.png

登録まではかなり面倒ですが、貯蓄用なので楽しみ(★★★★☆)

スクリーンショット 2022-11-07 5.36.15.png

見た目はいいが、今後のアップデートに期待(★★☆☆☆)