マインドフルネス

プロの運動指導者に学ぶ|短時間・多数回の瞑想のススメ

「瞑想したいけど30分も時間取れないな…」

Apple創業者のスティーブ・ジョブズマイクロソフト創業者のビルゲイツパナソニック創業者の松下幸之助
世界の偉大な経営者が習慣にしていた「瞑想」
毎日欠かさず行うことで、新たなひらめきが生まれるといわれています。

ただ、毎日取り入れるとなると、その時間の確保が難しいですよね。
毎日イレギュラーなことも起こります。
どうすれば習慣にできるのでしょうか。

結論からいうと「短時間×多数」がおすすめです。
切り替えの経験を増やすことで、よりマインドフルネス状態になりやすくなります。

それでは詳しく見ていきましょう!

成功している経営者の共通の習慣「瞑想」|会社員も真似したいマインドフルネス「最近流行ってる瞑想って本当に効果あるの?」 多くの成功した経営者が、毎日取り入れているという瞑想。 Apple創業者のスティー...

マインドフルネスとは


マインドフルネスとは「今ここに100%集中した状態」のこと。
評価や判断を手放し、余計な雑念を消すことで、集中力を高めることにつながります。
その他にも、不安やストレスの解消免疫機能や自己肯定感の向上など、様々な効果があるとされています。

マインドフルネスは、その反対の状態を理解するとよりわかりやすくなります。
マインドフルネスの反対の状態とは「マインドレスネス」です。

マインドレスネスは「今ここに集中できていない状態」のこと。
要するに注意が散漫な状態、無意識の状態のことをいいます。

たとえば、飲み会で友達と喋りながらビールを飲んだりおつまみを食べたり。
気づいたらビールやおつまみがなくなっていたということがあると思います。
この状態がマインドレスネスの状態です。

一方で、1人で静かにバーに行き、落ち着いたBGMと照明の中で、ビールの泡のきめ細かさやのどごしなどをじっくり味わうのが、マインドフルネス状態です。

そんなマインドフルネス状態に入る練習法として注目されているのが「瞑想(メディテーション)」です。
安定した場所に座り、自分の呼吸に集中するだけの時間です。
瞑想をすることで、マインドフルネス状態に入りやすくなるといわれています。

マインドフルネスについて詳しくはこちら。

今流行りのマインドフルネスとは?|効果をわかりやすく解説福業ブログ管理人のしゅうへい(@syuhey_)です。 毎日仕事や家事、育児が忙しい方、お疲れさまです。 近年、多くの企業が在宅ワー...

近年マインドフルネスが注目される理由

近年マインドフルネスが注目されている理由は、生産性の向上が挙げられるでしょう。

業務中、マインドフルネス状態となり、1つの業務に集中して取り組むことで、生産性を高めることができます。
働き方改革が進む中で、長く残業することよりも、時間内に仕事を終わらせることが重視されてきています。
そのため、生産性を上げるきっかけになるマインドフルネスが注目されていると考えられます。

Googleトレンドでは、2016年10月ごろマインドフルネスの検索量が過去最高を記録しています(2014年1月〜2022年11月の期間)。
一方で働き方改革は、2016年10月ごろの同じ時期から検索量が増えてきました。
働き方を改革するための1つの手段として、ジワジワと広がっていったことがわかります。

スクリーンショット 2022-11-06 4.56.23.png