資産運用・仮想通貨

楽天ポイントビットコインのスプレッド徹底解説|勝手にマイナスされる実質手数料

「仮想通貨に興味あるけど資産が減るのは怖い……」

そんな方におすすめなのが楽天ポイントビットコイン。
楽天ポイントを使って、仮想通貨を「疑似体験」できるサービスです。

実際に仮想通貨を購入するわけではありません。
楽天ポイントを使って、ビットコインの値動きを体験できるのです。

現金ではなく楽天ポイントなので、多少減っても現金ほど気にならないですよね。
気軽に始められそうですが、1つだけ注意点があります。

結論からいうと「実質手数料があるから注意が必要」です。
楽天ポイントビットコインは「手数料無料」としています。
ですが「実質的に手数料がかかる」のです。

それでは詳しく見ていきましょう!

楽天ポイントビットコインの手数料は無料?


楽天ポイントビットコインは、規約上では手数料無料となっています。

スクリーンショット 2022-10-04 15.41.30.pngポイントビットコイン利用規約から引用

サービスを利用する際の手数料は無料ということです。
ですが、取引には「スプレッド」が発生します。
このスプレッドが、実質的な手数料になります。

楽天ポイントビットコインの運用では、引き出す際にスプレッドが天引きされます。
ですので、運用がプラスの時に引き出さないと、想像以上にポイントが減ってしまうこともあります。

実質手数料?「スプレッド」とは

暗号資産取引におけるスプレッドとは「売値と買値の価格差」です。

スクリーンショット 2022-10-04 15.41.06.png

ポイントビットコイン > 差し引かれるポイントについてから引用

たとえば、購入金額が100円、売却金額が90円の場合、スプレッドが10円です。
スプレッドがいくらになるかは、時々によって異なります。

スプレッドを直訳すると「広がり」という意味です。
スプレッドを表現する場合、購入金額と売却金額の価格差が小さいことを「狭い」、価格差が大きいことを「広い」という言い方をします。

仮想通貨は「販売所」「取引所」で取引を行うことができます。
「取引所」は仮想通貨を買いたい人と売りたい人が直接取引を行うことです。
「販売所」暗号資産交換業者を仲介する取引形式のことです。
業者が仲介しているので、実質手数料である「スプレッド」がかかるのです。

楽天ポイントビットコインは、手数料は無料、スプレッドがかかります。
楽天グループ株式会社が仲介をしているので、スプレッドは楽天グループ株式会社に収めることになります。

スプレッドの口コミ・評判

楽天ポイントビットコインのスプレットに関する口コミ・評判を集めてみました。

一度引き出してみたらスプレッドが…

運用益がスプレッドを超えた

スプレッドで儲ける取引所

楽天ポイントビットコインのスプレッドって5%?

実際にスプレッドを確認してみた

スプレッドがいくらかかるは、次の3ステップで簡単に確認できます。

①トップページ→「引き出す」
②引き出すポイントを適当に設定
③スプレッドを確認

①トップページ→「引き出す」

楽天ポイントビットコインのトップページの「引き出す」をクリック。

スクリーンショット 2022-10-04 16.03.19.png

②引き出すポイントを適当に設定

いくら分ポイントを引き出すかを選択。